富士川01.jpg

トータルブランディングで新しい磯部塗装へ

1907年(明治40年)6月に静岡市蒲原町(現・静岡県清水区)で創業し、東京タワーや明石海峡大橋といった日本を代表する大型建築物の塗装工事を手掛けてきた100年企業。2009年に現社長・磯部武秀氏が就任し、2015年に会社のロゴマーク変更をはじめとするCIに着手。新しい理念やモットーの策定、社員研修や人事制度の刷新など社内改革を断行し、赤字経営から黒字へとV字回復した。塗装業界でいち早く、外国人技能実習生を受け入れた成功事例にも注目が集まる。