cs4_01.jpg

新開発株式会社 様

cs4_02.png

新施設のブランディング・認知度アップと話題喚起

2016年10月に、約4万㎡の総合ゴルフ練習場『バーディーズガーデン新宝塚』をオープン。「すべてのゴルファーに最良の練習環境を」をテーマに、アイコンロゴをはじめとするトータルなブランディングを実施。オープン時は多くのマスコミに取り上げられるなど、多方面から注目を浴びた。全国的に厳しいゴルフ場運営が続く昨今、同クラブは全社員がマーケティング戦略の意義を共有し、さまざまな施策を実施することで来場者を伸ばしている。

ロゴマーク・キービジュアルの開発

トラディショナルなエンブレム形状のロゴフレームに、カジュアルなタッチのキャラクター「バーディー君」や自然のモチーフを組み合わせ、格調とともに新しさを感じるロゴマークを開発。同様のトーン&マナーでホームページなども制作しました。

cs4_03.jpg

オープニングイベントをパブリックリリース

cs4_04.jpg

新施設の開業に際し、オープニングセレモニーを兼ねたメディア向けの広報イベントを実施しました。イベントの企画・制作・運営業務はもとより、PRメディアの誘致やプレスリリースの配信など、トータルでサポートしました。

ギネスブック認定のPRをサポート

総敷地面積4万㎡の広大なゴルフ練習場「バーディーズガーデン新宝塚」は、約3000㎡の5段パッティンググリーンが世界最大規模としてギネス世界記録に認定されました。この快挙を発信するため、メディアPRや記念キャンペーンなどをサポートしました。

cs4_05.jpg

杉原輝雄記念館をプロデュース

cs4_06.jpg

併設の「新宝塚カントリークラブ」内にある「杉原輝雄記念館」がオープンする際に、館内の展示装飾をプロデュース。コース設計者でもあり、縁の深い杉原輝雄氏が手にしてきた数々のトロフィーなど、ゆかりの品約200点がクラブハウス内に展示されています。

新宝塚カントリークラブのブランディング会議をサポート

「新宝塚カントリークラブ」「バーディーズガーデン新宝塚」では、定例のブランディング会議を実施しており、両施設のブランディングやプロモーションに関する取り組みを、コンサルティングスタッフとして継続的にサポートしています。

cs4_07.jpg
cs4_btn.jpg
cmt_lg.png