cs1_01.jpg

磯部塗装株式会社 様

cs1_02.png

トータルブランディングで新しい磯部塗装へ

1907年(明治40年)6月に静岡市蒲原町(現・静岡県清水区)で創業し、東京タワーや明石海峡大橋といった日本を代表する大型建築物の塗装工事を手掛けてきた100年企業。2009年に現社長・磯部武秀氏が就任し、2015年に会社のロゴマーク変更をはじめとするCIに着手。新しい理念やモットーの策定、社員研修や人事制度の刷新など社内改革を断行し、赤字経営から黒字へとV字回復した。塗装業界でいち早く、外国人技能実習生を受け入れた成功事例にも注目が集まる。

新しいコンセプトとロゴを開発

磯部塗装の業務を象徴する「橋梁」「社会インフラ」を表現した2種類のロゴマークを開発。ニュートラルなフォルムのサンセリフ書体の中から、綴りのバランスが美しく、安定感のあるセクステンド系のフォントをピックアップしロゴマークを構成しました。

cs1_04a.png
cs1_04b.png

社内の様々なVIを刷新

cs1_05.jpg

開発したロゴマークは、名刺・名札・封筒から、現場で着用するユニフォームや営業車などへとアプリケーション展開しました。また、これらVI(ビジュアル・アイデンティティ)の使用規定はマニュアルとしてまとめ、企業イメージの統一化に活用されています。

社内報を創刊

磯部塗装の今と、これからめざす未来を社内外に向けて発信し、企業への理解や共感を醸成するため、年1回のペースで社内報を発行しています。日頃の現場業務や社員の素顔を紹介する誌面は、取引先はもちろん、社員の家族からも好評です。

cs1_06.jpg

全社員による社員研修

cs1_03.jpg

磯部塗装では、全社員参加の社員旅行を兼ねて、社員研修会を実施しています。普段あまり接点のない他事業部のメンバーと、改めて会社や業務のあり方を考える、貴重な機会であり、毎回、活発な意見交換や情報交流が行われています。

創業110周年の年史を発行

2017年に創業110周年を迎えた磯部塗装は、記念事業として年史を発行しました。編纂の過程で、埋れつつあった古い写真や記録を掘り起こすとともに、当時を知るOBの方々にも​貴重なエピソードを伺うことができました。

cs1_07.jpg
cs1_btn.jpg
cmt_lg.png